お客様インタビュー

オスグッドの時してはいけない事

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

今日は、「オスグッドの時してはいけない事」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(1分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

オスグッドになったら、してはいけない事

●【してはいけない事】
オスグッドになったら、してはいけない事についてお伝えします。

オスグッド病は、ひざ下の出っ張ったところ(膝の脛骨)が激しく痛みますので、その膝の脛骨を強く押したり、転けて強く打つなどすると、激しく痛みますので注意が必要だと思います。

あとは太腿の筋肉(大腿四頭筋・ハムストリングスなど)が硬く緊張してしまって、ひざ下の出っ張った膝の脛骨を引っ張って出ている痛みですので、痛いのを無理してストレッチをして筋肉を伸ばそうとすると、逆に痛めてしまう場合があります。
「激しく打つ」ことと「無理に引っ張る」というのは、やってはいけないことだと思います。

●【「急激に」「無理に」というのはやってはダメなんです】
もう基本的に、痛いことはやってはいけないと考えていいと思います。
安静にして、早く病院・整形外科などで診断を受けたほうがいいと思います。

大腿四頭筋の疲労を抜くための効果的な方法とは?

●【大腿四頭筋の疲労を抜く】
大腿四頭筋とは太もも前面にある筋肉のことで、走ったり歩いたりした時の衝撃を吸収してくれる筋肉のことを言います。
ランニングをしたり過度な運動をしたりするとハリがでてきて痛みを感じるようになります。

足が疲れたと感じたら正座をしてみると太もものあたりの張り具合を見ることが出来るので、確かめてみてください。

●【どうすればいいの?】
ハリが強く残っている場合は激しい運動は避け足を休めることを考えるようにしてください。
怪我や病気などでなければ、2日間あれば疲労は抜けるので、何か運動をしているのであれば軽い運動に留めるようにしてください。

すぐに大腿四頭筋の疲労を抜きたい場合は、陸上部などでも取り入れられているストレッチをお勧めします。
内容は片脚を曲げて足部はお尻の側面にして、膝やお尻が浮かないように身体を徐々に後ろに倒すといった簡単な動作をするだけで疲れをいやすことが出来ます。

例えば、こちらの『オスグッド痛に有効な正座ストレッチ』『オスグッド痛に有効な股関節を捻じるストレッチ』も参考になると思いますので、ぜひ一緒にご覧下さい。

●【他にできることは?】
その他の方法としておすすめできるのは、アイシングを行うことです。

痛みのある部位をアイシングすると効果的です。
浴室など入浴前に行うとさらに効果的です。
太ももに痛みを感じたら大腿四頭筋に疲労がたまっている可能性が高いので、休ませてあげて無理をしないようにしてください。

オスグッド病を改善させたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

オスグッド施術

オスグッド病にお悩みで当院に来られた、10代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区大橋にお住いの方で「お父さんが見つけ、行くように勧めてくれたから。、、、」という理由で、当整体院に来られました。

というのも、福岡らくらく整体院に車では、多くの整骨院や鍼灸院に通っていたとのことですが、効果が感じられずにホトホト困っていたそうなんです。
ですので、お父さんが当整体院のHPを見た瞬間に直感的に決めて、藁をもすがる思いでこられたそうです。

施術では、しっかりと筋肉を弛めてあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや動くときのポイント、自宅での改善体操などで、1回目の施術で膝を曲げるくらいのせ成果と大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

あなたも、この自然形体療法を活用した施術をお試しになって、オスグッド病による症状の変化を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談ください。

●【オスグッド施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『オスグッド施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【オスグッドの時してはいけない事】
【その1】・・・膝の脛骨を強く押したり、転けて強く打つなどすると、激しく痛みますので注意しましょう。
【その2】・・・痛いのを無理してストレッチをすると、逆に痛めてしまう場合があるのでやめましょう。
つまり、「激しく打つ」こと「無理に引っ張る」というのは、オスグッド病の場合はやってはいけないことです。

●【大腿四頭筋の疲労を抜くための効果的な方法とは?】
【その1】・・・運動部などでも取り入れられているストレッチ。
【その2】・・・入浴前に痛みのある部位をアイシングすると効果的です。

福岡らくらく整体院 高松です

オスグッド病に限らず、お子さんの怪我や病気というのは意外と気づかないうちに進行してしまっている場合があります。とくに男の子は少々の怪我や痛みには耐えてしまい無理をしてしまうこともよくありますよね。まずは大人がよく観察して変化に気づき、違和感を感じたら早く専門の機関で相談し治療してあげてください。
そして、今回お話ししたようなストレッチを心がけ、オスグッド病の予防にも取り組みましょう。

また、こちらの『オスグッドを疑ったらチェックポイント』も参考になると思いますので、ぜひ一緒にご覧下さい。


hukuoka01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
案内(小) お電話受付小