福岡市 整体|慢性症状なら福岡市大橋の「福岡らくらく整体院」

患者様の体験談014

オスグットで整体を受けたお客様の感想(福岡市早良区原)

オスグッド平川くん

12歳 平川真聖くん 福岡市早良区原 【中学校1年生】
【悩み】
・オスグッド(2週間前からバスケットボールで左膝に痛みが出た)
 

明日の小学校最後のバスケの試合に出場したい!


Q:どのような事で悩んでいましたか?


去年の7月くらいにバスケットボールの練習で走っているときに膝が痛くなり、膝を曲げたり階段を降りたり、走ると痛みが出ます。
小学校最後のミニバスケットボールの試合が迫っていて、「なんとか出場したい!」と思い、病院へ行きましたがオスグッド病と診断され「特に治療法がない…」と言われてしまいました。
最後の試合の前日にお父さんがインターネットで福岡らくらく整体院を探して、「どうにか出場したい」という相談をしました。
 


Q:なぜ、福岡らくらく整体院を選んだのですか?


お父さんが、福岡らくらく整体院を見つけてくれて。
それで試しに来てみたらよかったので、ずっと来ています。
 


Q:第一印象は?


かなりいいと思いました(笑)
 


Q:恐いという印象とかは?


なかったです。
 

膝の痛みがなくなって、身軽になった気がしました


Q:施術を受けて、どのような変化がありましたか?


オスグッドの膝の痛みがなくなって、身軽になった気がしました。
 


Q:痛みが引くまでの期間は?


バスケに復帰したのが8月の中旬くらいだったので、3~4週間くらいですかね。
 


Q:施術に対しての印象は?


他の整体院はバキバキだったですけど、こちらは優しくて「寝れるような気持ち良さ」がいいと思いました。
 

施術後のインタビュー動画

【平川真聖くん施術後の感想】

↑中心のボタンを押すと再生(1分59秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)
▼動画が見れない方・携帯電話の方はコチラをクリック
 

【平川真聖くんの解説】

整体先生

平川くんの体の特徴として、とても長身で背が高く(小学校6年生で166センチ70キロ)、姿勢も猫背が強く、全身のバランスを崩していました。
お話を聞くと、来院される2週間ほど前から急に左膝が痛くなって、病院でオスグット病と診断を受けたそうです。
訴えているのは「左の膝の痛み」でしたが、体の動きやお話を聞いていると、膝の痛みが股関節の可動性の悪さが一番大きな原因として考えられました。
 
1回目の施術で痛みが大きく軽減し、翌日の小学校最後の試合に少しだけ出場できたようでした。
出られないと思っていた試合に出れたので、とても喜んで頂きました。
股関節の可動性が回復するのに時間がかかりましたが、今ではバスケットは十分に出来るように回復しました。
 
現在は中学生になり、来院する度に凛々しくなっていくのを感じます。
いつもとても和やかに施術ができるのもあり、毎回私もとても楽しくお話させていただいています。明るく笑顔が一番ですね。
現在は2~3ヶ月に1度メンテナンスを行なっています。
 

施術の経過と流れ


■【1回目 H24.7.21】


明日の試合になんとか出場したいとの強い要望がある。
出場することでのリスクと出場した際のお手入れ方法をしっかり提案し、必ず自分でケアするよう指導する。
全身の検査と痛みと直接関係している部位を集中的に施術する。
明日動けるようにすることを最優先する。
 
・【施術後の指導】
膝をらくにするための入浴法のポイント
負荷の少ない膝の曲げ方
試合に出た後のケアの方法
足首の調整
 


■【2回目 H24.7.25】


膝の痛みの本人の評価が施術前の状態を10としたら2まで痛みが引いていると言う。
毎日10分近くお風呂に浸かり、体を休めている。
本人の評価はよいようだが、膝はまだ深くは曲げられない。90度くらいの屈曲でつっぱりが出る状態。
体全体を調整しつつ、痛む部位の関連部位を弛める。
 
・【施術後の指導】
膝をらくにするための入浴法おさらい
オスグット病にやさしい姿勢の作り方
 


■【3回目 H24.7.28】


本人よりほぼ痛みなく、走ると少し痛いというくらい。
練習は徐々に始めている。
毎日お風呂で体を弛めて膝のお手入れを続けている。
痛みは出ていないが屈曲がなかなか改善しない。
根本的な改善にはもう少し時間がかかりそうだと伝える。
 
・【施術後の指導】
自分でのケアを継続しつつ無理をしないこと
 


■【4回目 H24.8.3】


普段は痛みはないけど、バスケを始めると痛みが少し出る。
屈曲が90度から40度くらいまで曲げることができている。
効果が目に見えて出てきた。
 
・【施術後の指導】
自分でのケアを継続しつつ無理をしないこと
 


■【5回目 H24.8.10】


合宿で長距離走るトレーニングに参加。走れているが徐々に痛みが出る。
痛みと相談しながら少しずつ運動の負荷を上げるよう注意する。
無理をしないこと。
痛む部位の付近に少し圧を加えても痛みはない。
 
・【施術後の指導】
自分でのケアを継続しつつ無理をしないこと
 


■【6回目 H24.8.28】


普通にみんなと同じ練習ができている。ふくらはぎや足裏をつりそうになったけど、大丈夫だった。
走っても痛みがでないし、練習後にも痛みがでないので終了とした。
 
・【施術後の指導】
入浴法のおさらい
運動後の膝のケア法
膝を深く屈曲させるストレッチ法
 

⇒⇒他のお客様の声を読む

 

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional