シンスプリント|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

シンスプリント|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > シンスプリント

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)  

症状  

すねの骨の内側の下方1/3の部分の痛み。押すと痛い。
陸上の長距離選手やジャンプを行うスポーツ選手に多い。

原因  

ヒラメ筋(ジャンプや着地の時に使用される筋肉)が付着している骨の骨膜が引っ張られ、骨膜に炎症を起こします。
X脚だったり、足の回内が強かったり、あるいは足のアーチ(土踏まず)が崩れて、偏平足になったりしていても、負担が大きくなり、シンスプリントになりやすくなります。

改善方法  

一般的には、アイシングやストレッチ、テーピングなどが行われます。
一方、自然形体療法では、施術で改善していきます。
 

シンスプリントの施術を受けたお客さまの感想


優しい施術なのに効果を感じる

毎回眠たくなるほど、優しい施術です。


福岡市 シンスプリント1

Q1:施術前のお悩みは?
オスグッド病で3年間痛みと共有しながらスポーツをやっていました。(両膝オスグッド・シンスプリント・腰椎分離症)
しかし、膝の痛みが悪化し、ストップもジャンプもできなくなり悲鳴を上げる膝でした。
 

Q2:当院を選んだ理由は?
今までいろいろなところに治療に行ったが、ほとんど改善されなかったため、インターネットで調べた結果、オスグッド病が治った人がたくさん入られたので、ぜひ治して頂こうと思いました。
 
Q3:当整体院の印象は?
とても感じの良い院長先生で、これからのケアの仕方・ストレッチ方法など、詳しく説明してくださり、ありがたいです。
納得のいく説明でした。

Q4:施術を受けてどんな変化がありましたか?
5回くらいから体が軽くなり、まずボディバランスが良くなりました。
しっかり疲れが取れるようになりました。

Q5:施術に対しての印象は?
優しい施術なのにポイントを抑えてもらい効果があるなあと思いました。
本当に毎回眠たくなるほど、優しい施術です。


【福岡県福岡市:10代:男性:高校生】


シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)施術詳細


<<後十字靭帯損傷<<   痛みの大百科へ戻る   >>下肢静脈瘤>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional