お客様インタビュー

オスグッドとアイシング

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

今日は、「オスグッドの場合は、アイシングしていいんですか?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(1分17秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

オスグッドのアイシングについて

●【オスグッドのアイシング】
オスグッドのアイシングについて解説したいと思います。

オスグッド病は膝の下の少し出っ張ったところ(膝の脛骨)が、運動で膝を曲げることによって繰り返し引っ張られて組織が剥がれている痛みなので、スポーツして走ったりとか膝を曲げる度に痛む場所に負荷がかかってきます。

それを繰り返しやると炎症が起こってきたりだとかありますので、痛む場合のアイシングは有効だと思います。

●【アイシングのやり方】
痛む部位の周辺を氷や氷嚢を作って、ゆっくり熱を取ってあげるような感じで、体温以上に温度が上がらないようにしてください。
そんなに長く冷やす必要もありませんので、大体の目安として5~10分くらい冷やして上げるのが効果的だと思います。

あと、運動の後の練習後とかに痛みが出てくる場合がありますので、そういう時はしっかりアイシングで落ち着かせてあげるというのは有効だと思います。

オスグッド施術を受けたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

オスグッド施術

オスグッドのお悩みで当院に来られた、13歳男の子の事例です。

この方は、福岡市南区高宮にお住いの高校生の方で「オスグッド病を治療できるとあったから。3年前くらいから痛みがあった。病院では湿布をもらうだけで何も治療がなかった。こういうものだと思っていたけど、先日のバスケットの試合で痛みが強くなり、これはなんとかしないとと探していたら見つけた。」という理由で来られました。

身体の検査をしてみると、オスグッド病だけでなく「シンスプリントや腰椎分離症など」もあり「病院と整骨院に行っていたけど、よくならない。シンスプリントや腰椎分離症などいろんなケガをしたのも原因があったのかもと思い、本当に治れるところを探した。」ということでした。

また、骨盤の後傾により体のバランスも大きく崩れていて、腰痛・猫背になっていました。
施術では、しっかりと筋肉を弛めて解してあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅での改善体操を実践していただき、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

オスグッド病でお困りの方は、こちらの『オスグッド病をかばって膝痛になった野球少年の改善事例』など参考にしてみてください。
あなたも、この施術をお試しになってオスグッド施術を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【オスグッドの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『オスグッドの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【オスグッドのアイシング】
膝の脛骨の組織が剥がれている痛みなので、痛みが出た直後はアイシングが効果的です。

●【アイシングのやり方】
大体の目安として5~10分くらい冷やして上げるのが効果的だと思います。


福岡らくらく整体院 高松です

オスグッドも痛みが出ている直後であれば、アイシングは効果的です。
痛みが出て時間が、何日もたっている状態では効果ないですが、痛みが出た直後はアイシングをうまく使って、痛みが出ている部位を冷やしてあげてください。
アイシングすることで、熱を持った部位の熱を下げて炎症を抑えることができます。
ぜひ、痛みが出たあとは、アイシングしてみてくださいね。


hukuoka01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
案内(小) お電話受付小