お客様インタビュー

どうすればいい?正座できないオスグッド少年

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

今日は、「子どもが正座が出来ないとき、どうすればいい?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(1分37秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

子どもが正座が出来ないとき、どうすればいい?

●【オスグッド少年の正座】
当院のお客さまから「膝が痛くって、オスグットの状態で正座が出来ないので、どうしたら良いですか?」という質問をいただきましたので解説します。
普段から正座をした方が良いですかと聞かれましたので、その件につきましてお答えしたいと思います。

正直、痛ければ正座は出来ないと思います。
痛い思いをして膝を深く曲げる正座を、する必要は無いんじゃないかなと思います。

●【普段のお手入れ方法?】
でも、痛みが無いのであれば普段から正座をしていることは、とても膝のお手入れになるのでとても有効だと考えています。

その理由としては、膝を曲げると言う事は、太腿の筋肉はオスグットで痛むこの場所にくっ付いていますので、深く曲げるだけでも太腿のストレッチ、お手入れになっています。
それをやって行く事で、日頃から太腿、オスグットの原因になっている場所を、優しく伸ばして上げる事は、とてもオスグット病の予防になりますので有効だと考えています。

でも、痛いのに曲げてしまうと、さらに状態を悪化させてしまう可能性があるので、禁物かと考えています。
痛みが無ければ、日常的に正座をして行く事はとても有効だと考えています。

オスグッド病になると正座できないのは何故?

●【正座できないのは何故?】
オスグッド病、またはオスグッドシュラッター病は成長痛によく似た病気で、運動量の多い10代の男の子がよくかかる病気です。

成長痛の場合、痛みはあるものの骨や筋肉、関節には問題がありません。
しかし、オスグッド病は脛軟骨が炎症を起こして膝下が突出、その部分が痛くなるというものです。

オスグッド病になると正座ができなくなるというのは、正座は膝を曲げなければならないからです。
正座をすると太ももの前面が伸びますが、太ももの筋肉がオスグッド病で痛む場所にくっついているため、筋肉が伸びることで引っ張られ、痛みが生じます。

●【オスグッドの手入れ方法とは?】
また、オスグッド病はひざだけに問題があるわけではなく、太ももやふくらはぎの筋肉にも問題があるため、太ももと膝の曲げ伸ばしが伴う正座は痛みが発生します。
また、オスグッド病は正座だけでなく歩行や階段の上り下りといった日常動作でも痛みが発生します。
オスグッドの時は『オスグッドを根本的に改善する3つの方法』を参考にして、専門家に相談するのが一番です。

しかし、どうしてもオスグッド病を自分で症状改善させるには、痛みが無い程度に太もものストレッチをするのが一番です。
痛みのない程度に優しく曲げ伸ばしをするとよいでしょう。
これはオスグッド病予防にもなります。
そして忘れてはいけないのが、痛みがあるときは決して無理せず、お風呂で身体をしっかり温めましょう。

オスグッド施術を受けたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

オスグッド施術

オスグッドのお悩みで当院に来られた、30代男性の事例です。

この方は、福岡県大野城市川久保にお住いの建設業の方で「ホームページに書いてあるオスグッド病の実績を見て。中学生の頃オスグッド病だった。ちょっと部位は違うが、膝が痛くなってきて、またオスグッド病がでてきたのかと思った。病院に行かないほうがいいと周りからは言われていた。すぐ切られるからと。自分も肩こりもひどいし全体的に問題があるだろうと整体がいいと思った。」という理由で来られました。

また、骨盤の後傾により体のバランスも大きく崩れていて、腰痛・猫背になっていました。
施術では、しっかりと筋肉を弛めて解してあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅での改善体操を実践していただき、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

オスグッド病でお困りの方は、こちらの『オスグッド病をかばって膝痛になった野球少年の改善事例』など参考にしてみてください。
あなたも、この施術をお試しになってオスグッド施術を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【オスグッドの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『オスグッドの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【普段のお手入れ方法】
膝を曲げるという事は、太腿の筋肉はオスグットで痛むこの場所にくっ付いていますので、深く曲げるだけでも太腿のストレッチ、お手入れになっています。

●【正座できないのは何故?】
太ももの筋肉がオスグッド病で痛む場所にくっついているため、筋肉が伸びることで引っ張られ、痛みが生じます。

●【オスグッドの手入れ方法とは?】
痛みが無い程度に太もものストレッチをするのが一番です。


福岡らくらく整体院 高松です

オスグッドは、成長期で、クラブ活動を頑張っている子どもがなりやすい症状です。
多くは、原因不明で痛みを完治することができず、どうすれば良いか悩むことが多い症状でもあります。
中には、子どもの頃完治することができず、大人になってもその痛みを引きずっている場合もあります。
大人になっても、オスグッドの痛みで悩まされることはとてもツライことです。
ですので、子どもの頃にオスグッド痛で痛みがあるのなら、早めに改善をするようにしていきましょう。


hukuoka01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
案内(小) お電話受付小