花粉症(アレルギー反応)|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

花粉症(アレルギー反応)

HOME > 整体メニュー - 花粉症 > 花粉症Q&A > 花粉の予防

花粉の予防

1.花粉が飛散しやすい状況はどのような状況か
・晴れまたは曇り
・気温が高い
・湿度が低く乾燥している
・風が強い(南向きの風から北向きの風に代変わる)
・前日に雨が降っていた
 
 
2.外出する時の予防
外出する時は花粉が体内に入らないように気を付ける事がとても大切です。
花粉が一番多く飛んでいる時間は昼前から午後3時くらいと言われています、この時間の外出を極力避けるということも大切な花粉症予防です。
外出する時には、マスク、保護メガネ、スカーフなど花粉を体内に侵入させないようにすることが大切です。
建物内に入る時には、洋服を一度払って入るように心がけましょう、洋服やカバンに花粉は付着しています。
 
 
3.家にいるときの予防
花粉を家の中に入らないようにすることが一番大切です。
風の強い日は窓を開けない、空気の入れ替えをする時は早朝や夜間にする。
お昼の時間帯は花粉の飛散量が多いので窓は開けないように気を付けましょう。
フィルター付きの空気清浄器である程度花粉を除去する。花粉の粒子は自然落下が早いため空気清浄機で取れない花粉もあります、そのような時は掃除機で室内の花粉を吸い取ってください。
その後濡れ雑巾で床を拭くとより効果的と言われています。
洗濯物は室内に取り込む前に、外で花粉を叩き落として取り込んでください。
 
 
4.生活習慣を心がける
疲労やストレスは花粉症に大敵です。
日ごろからストレスを貯めないようにストレス解消を心がけるようにしましょう。
ストレスは運動で解消されます、程よく気持ちよくなるように運動をしましょう。

 
 
 
いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、花粉症の治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。

 

花粉症治療へ

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional