後十字靭帯損傷|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

後十字靭帯損傷|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > 後十字靭帯損傷

後十字靭帯損傷  

膝関節の前後の動きを制限する十字の形を作る2本の十字靭帯のうち、大腿に対して下腿の後方向への動きを制限するのが後十字靭帯です。

症状  

下腿が後方にぐらつく。

原因  

交通事故や転倒で、膝が前側から強打されることにより、後十字靭帯が損傷します。

確認方法  

後十字押し込みテストで確認します。

改善方法  

後十字靭帯損傷は、前十字靭帯損傷に比べ、日常生活に支障をきたすことが少ないため、手術するかどうかは各人の職業やスポーツなど状況に応じて判断されます。

後十字靭帯損傷施術詳細


<<前十字靭帯損傷<<   痛みの大百科へ戻る   >>シンスプリント>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional