変形性脊椎症|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

変形性脊椎症|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 腰・おしり 症状集 > 変形性脊椎症

変形性脊椎症 

症状  

朝、起床時に痛みを感じる。進めば坐骨神経痛が起こる。


変形性脊椎症は骨の老化による腰痛です。腰痛に限らず背骨なども骨が老化しているので腰背部痛として訴える患者さんもいます。

起床時に痛みを感じるものの、仕事を出ると案外よくなることが多いので放置してしまう傾向にあります。

変形性脊椎症の治療法は、湿布や痛み止めなどの内服薬ですが、予防をしておくことが大切です。

老化してからの筋肉強化はとてもきついものがありますので、体の自由が利くうちに腰を中心とする筋肉作りを心がけるようにしましょう。


  <<特発性大腿骨頭壊死症<<  痛みの大百科へ戻る  >>腰・おしり 症状集>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional