円回内筋症候群(ハネムーン麻痺)|大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

円回内筋症候群(ハネムーン麻痺)|大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 手・手首・肘・腕 症状集 > 円回内筋症候群

円回内筋症候群(ハネムーン麻痺)

(えんかいないきんしょうこうぐん)
 

症状  

親指から中指にかけ感覚が鈍くなり指を曲げる事が困難になっている。

原因は正中神経が長時間圧迫されて起こる神経麻痺なんです。腕枕などを長時間しているとこのような症状が起こることがあります。

この円回内筋症候群は一時的な神経麻痺なので数カ月以内に回復することがほとんどです。
そのまま放置していても回復はしますが、少しでも早く神経機能を回復させたい場合は薬を使ったり温めたり、低周波治療などがあります。




<<手根管症候群<<   痛みの大百科へ戻る   >>手・手首・肘・腕 症状集>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional