福岡市 整体|慢性症状なら福岡市大橋の「福岡らくらく整体院」

やってはいけない

やってはいけないこと

  • 痛いことをしてはいけません。
    但しある姿勢をしたときに痛みがだんだんよくなる場合は、少しの間だけ我慢するのは構いません。痛みが増す場合はすぐにやめなければいけません。
  • 揉む、叩く(足揉み、肩揉み、肩たたき)も同じ我慢です。
    もちろん、ローラーやあんま機も同様であり、身体はこれを攻撃されたと感じ、身構えてしまいます。攻撃に対する防御の姿勢がゆがみとなります。身体の歪みは不健康のはじめです。
  • 無理はしてはいけません。
    緩やかな無理は痛みのない範囲でよい作用を果たしますが、反動をつけて動かしたり、無理を続けていると、それに対しても体の脳は身構えてしまいます。これも同じく歪みとなります。
  • 痛みを我慢してはいけません。
    ほとんどの場合、症状は益々悪化します。「痛みは体の危険信号です」身体に危険が迫っていることを知らせているのです。それを我慢したり、無視したりすれば大きな危険を招きます。
  • 首を後ろで回してはいけません。
    これをやると、首の骨格の関係で身体はすぐに歪みます。横から前は回しても問題ありません。
  • 竹踏みは痛みがなくても身体が歪みます。
    本来人間の足は、土踏まずに体重をかけるように出来てはいないのです。風呂などでジェット水流を当てても同じことです。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional