脊柱側湾症

HOME > 痛みの大百科脊柱側湾症

脊柱側湾症  

症状  

背骨が「くの字」や「逆くの字」、更には「Sの字」や「逆Sの字」に曲がる。
背骨が側湾するだけでなく、ねじれながら曲がるため、背中の肋骨部分が後ろに盛り上がる。
40歳を過ぎて、骨・筋肉が衰えてくると再び進行する。

原因  

姿勢が悪くてなる場合と原因不明の場合とがありますが、多くは、原因のわからない特発性側湾症です。

改善方法  

病院では、お子さんのうちは、主に側湾を矯正する装具を装着させ、年齢が上がって、側湾がひどい場合は手術することになります。

原因不明ということで、悲観される方もおられますが、多少のゆがみがあっても、痛みといった症状がなければよいとお考えください。
もちろん、自然形体療法では、ゆがみも修正していきますが、それと共に、筋肉を弛める施術をし、側湾により引き起こされる様々な症状を改善して行きます。

→整体治療の流れ

痛みの大百科へ戻る

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

最後部 案内
ネット予約案内