お客様インタビュー

朝にきつい低体温症を改善するには?

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

今日は、「朝にきつい低体温症を改善するには?」について解説します。

朝にきつい低体温症を改善するには?

●【低体温症を改善するには?】
低体温症の人が必ず感じることがあります。
朝起きれないんです。
自分では起きようと思っていても身体が動かない状態なのです。

よく「金縛りにあって動けなかったの」実は、低体温症なのかもしれませんね。
低体温症の人は、脳からの伝達物質が、うまく身体を伝わっていってない為に起こっているのです。
自分の気持ちと身体の反応が違うためにイラつきも起こり、ストレスになり、とてもつらい思いをしているのです。

●【どうすればいいのか?】
朝にきつい低体温症の人は、眠りも浅く熟睡をしたことが無い人が多いのです。
何かを変えて低体温症を改善したいですね。
まずは、自分の生活リズムを見直してみましょう。

いい睡眠には身体の疲れも必要ですから、軽く、ウォーキングやストレッチなどをしてみるといいでしょう。
食事も体温を上げるための大事な要素です。
朝起きたばかりで食べれないとは思いますが、身体のためスープなどでもいいので食べて下さい。
朝、昼、夜きちんとした食事を取るように心がけて下さい。

食べて、動いて、後は心地よい疲れがあなたいい睡眠えと誘うでしょう。
ぐっすり眠った後の目覚めはすばらしいものでしょう。こうなるように自分の生活を著と変えてみましょう。

低体温症の人が気持ち良く目覚める方法

●【気持ち良く目覚める方法】
日本人の5人に1人が睡眠についての悩みを抱えているといわれています。

眠れない、寝つきが悪い、朝すっきり起きられないなどの睡眠の悩みは一日のコンディションを左右するばかりか、ひどい場合は社会生活に支障をきたすことすらあります。
朝気持ちよく起きられないという人に多いのが、平熱が低い低体温症といわれる症状です。

●【低体温症の人が気持ち良く目覚めるには?】
なぜ低体温症の人がすっきりと目覚められないかというと、人間は深い眠りにあるときは体温が低く、浅い眠りのとき、目覚めようとするときは体温があがるのですが、低体温症の人は目覚めるための体温になっていない状態で目覚めるからです。

栄体温症は生活習慣の問題が大きく関わっており、甘いものや冷たいものの摂りすぎ、ダイエット、運動不足などが主な原因です。
低体温症の人が気持ちよく目覚めるためには、甘いものや冷たいものを控え、ふくらはぎのストレッチやスクワットといった軽い運動をすることで血流を促進することで低体温症の改善を試みることができます。
温めのお風呂に浸かるのも効果的ですので、お風呂につかりながらストレッチをして身体をリラックスさせるのも有効です。

肩こりを受けたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

ぎっくり腰施術

肩こりのお悩みで当院に来られた、40代女性の事例です。
この方は、福岡県太宰府市大佐野にお住いの会社事務の方で「ホームページを見たら、首痛の改善が期待できそうだったから。元々肩こり。数年前から頭痛と吐気がたまにでるようになって、辛かった。整骨院でたまに揉んでいたけど、最終的に解決しないので整体に行こうと思った。」という理由で来られました。

身体の検査をしてみると、肩こりだけでなく「頭痛」もあり、背中周りの筋肉の緊張によりカチカチな状態になっていましたので、血流不良や筋肉のコリが原因と考えられました。
また、骨盤の後傾により体のバランスも大きく崩れていて、腰痛・猫背になっていました。
施術では、しっかりと筋肉を弛めて解してあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅での改善体操を実践していただき、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

肩こりでお困りの方は、こちらの『妊婦・産後の恥骨痛や腰痛を楽にする生活習慣』を参考にしてみてください。
あなたも、この施術をお試しになって骨盤矯正を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【肩こりの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(1分21秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『肩こりの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【低体温症を改善するには?】 いい睡眠には身体の疲れも必要ですから、軽く、ウォーキングやストレッチなどをしてみるといいでしょう。

●【気持ち良く目覚めるには?】 甘いものや冷たいものを控え、ふくらはぎのストレッチやスクワットといった軽い運動をすることで改善を試みることができます。

福岡らくらく整体院 高松です

低体温症の方は、朝起きれないといいますが、その中の多くのお客様が生活習慣からくる症状だと感じています。
やはり多いのは、運動不足によるものと、甘いものを食べ過ぎるような偏った食習慣です。
この2つの改善だけでも大きな変化を生むことは可能だと考えています。
あなたの生活の中で、運動不足や偏った生活習慣を感じることはありませんか?
そん完全を行うだけで、朝の目覚めが劇的に改善する可能性があります。
変えてみるという選択をしてみてはいかがでしょうか?


hukuoka01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
案内(小) お電話受付小