お客様インタビュー

小学生でも膝に水が溜まることが?

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

今日は、「オスグッド病をかばって膝痛になった野球少年の改善事例」について解説します。

●【小学生でも膝に水が溜まることが?】
水が膝にたまるという病気があります。
年配の方に 多くみられる病気ですが、小学生などにも膝に水がたまるという病気はあるものです。

まず、なぜ水がたまるのか?ということですが、膝におこった炎症が原因で水がたまるのです。
水がたまると激しい痛みが起こります。
また、たまった水は注射器などで抜いたりします。
一度水がたまってしまうと、癖になり良くたまるようになります。
こういった現象が、小学生でも起こり得るのです。

●【どうすればいいの?】
水がたまるのは炎症のせいだとわかれば、膝が炎症を起こさないようにすることが大切です。
運動をしすぎても炎症がおこりますし、膝にある半月板を保護しているものが生まれつい薄いといったことで半月板が骨とこすれ炎症を起こすということもあります。
膝に水がたまらないように原因を突き止め、予防することが大切になってきます。

また一度なるとクセになるので、定期的に検査を受けることもよい予防となります。
小学生でも要注意です。膝は運動するうえで大切な役目をしています。
そんな膝を大切にしていきましょう。

オスグッド病を改善させたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

オスグッド施術

オスグッド病のお悩みで当院に来られた、12歳男子の事例です。

この方は、福岡市博多区元町にお住いの小学6年生の方で「オスグッド専門の先生に診てもらいたかったから。サガン鳥栖のU-15の選手。毎日鳥栖まで電車で練習に行っているが、6月中旬頃から屈伸や強く足を振りぬいた時にひざ下に痛みが出始めた。練習後も鈍痛があり、なんとか回復させたいと思った。他の整体に電話したら2ヶ月休まないと治らないと言われ、練習を休まず治療ができないかとうちに電話した。」という理由で来られました。

身体の検査をしてみると、やはり腰回り・太もも周り・臀部・お腹周りの筋肉の緊張によりカチカチな状態になっていましたので、血流不良や筋肉のコリが原因と考えられました。
施術では、しっかりと筋肉を弛めて解してあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅での改善体操を実践していただき、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

あなたも、この施術をお試しになってオスグッドの改善を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【オスグッドの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

https://www.youtube.com/watch?v=bwr8RQzUz20

↑中心のボタンを押すと再生(2分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『オスグッドの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【小学生でも膝に水が溜まることが?】
膝におこった炎症が原因で水がたまり、激しい痛みが起こります。

●【どうすればいいの?】
運動をしすぎても炎症がおこりますし、膝にある半月板を保護しているものが生まれつい薄いといったことで半月板が骨とこすれ炎症を起こすということもあります。
炎症を起こして痛みが出るようであれば、まずは整形外科で診断を受けましょう。

福岡らくらく整体院 高松です

膝に水が溜まるという小学生は、実際にいらっしゃいます。
スポーツを頑張りとても練習熱心な子が多いです。
これは、レギュラーから外されないように、一生懸命に練習頑張りすぎているのにもかかわらず、体のケアができてない状態の子が多いです。
ですので、まずは毎日お風呂に浸かって、体を芯から温めることで血行を改善させ、毎日の体のケアを行うようにしましょう。


hukuoka01