お客様インタビュー

オスグッドと成長痛の違いとは?

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

今日は、「オスグッドと成長痛の違いとは?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(42秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

オスグッドと成長痛の違いとは?

●【オスグッドと成長痛の違い】
オスグッド・シュラッター病と成長痛(骨端症・こったんしょう)の違いは?と質問がありますので、それについて解説したいと思います。

オスグッドと成長痛というのは、膝下の骨の出っ張った辺り(膝の脛骨)の痛みということで同じ症状です。
特に膝に対する痛みのことをオスグッド病と読んでいます。

成長痛は成長期に全身いたるところに出る痛みの総称なので、膝だったり踵(かかと)だったり、色々なところに出るケースがあります。
オスグッドは膝に痛みが出て、成長痛は全身の関節に痛みが出るということですね。

●【どうすればいいの?】
どちらも痛みを感じた時点で、まずは早く病院・整形外科などで診断を受けて、きちんとした医師の判断を仰いでください。

病院や整形外科では、施術が難しい場合がありますので、その時はオスグッド施術などで経験があり信頼できる整体院や整骨院などで施術を受けて下さい。

オスグッド病を改善させたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

オスグッド施術

オスグッド病のお悩みで当院に来られた、12歳男子の事例です。

この方は、福岡市南区長丘にお住いの小学6年生の方で「病院では治療できなかったこと。そして、家から近かったから。学校に同じ症状の子がいるけど、長引いて治らないので、早く対処したほうがいいと思ったから。1ヶ月位前から痛みが出始めた。友達にもオスグッド病の子がいて、治りが悪いので早く治療したほうがいいと思った。」という理由で来られました。

身体の検査をしてみると、やはり腰回り・太もも周り・臀部・お腹周りの筋肉の緊張によりカチカチな状態になっていましたので、血流不良や筋肉のコリが原因と考えられました。
施術では、しっかりと筋肉を弛めて解してあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅での改善体操を実践していただき、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

あなたも、この施術をお試しになってオスグッドの改善を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【オスグッドの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分14秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『オスグッドの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●【オスグッドの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『オスグッドの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【オスグッドと成長痛の違い】
膝下の骨の出っ張った辺り(膝の脛骨)の痛みということで同じ症状です。

●【どうすればいいの?】
どちらも痛みを感じた時点で、まずは早く病院・整形外科などで診断を受けて、きちんとした医師の判断を仰いでください。

福岡らくらく整体院 高松です

オスグッドと成長痛の違いとは、痛み自体は膝下の痛みということで、同じだと思われていますが、痛みの原因が違っているということです。
オスグッドは膝に痛みが出て、成長痛は全身の関節に痛みが出るということです。
基本的には、根本的な痛みの原因は、猫背などの体に負荷がかかる生活習慣から痛みが発生すると考えています。
両方の痛みに言えることは、まず整形外科に行って医師の診断を受けることが大切です。
その後、改善が見られない場合は、一度ご相談ください。


hukuoka01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
案内(小) お電話受付小