お客様インタビュー

オスグッド病で運動は制限した方がいい?

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

「オスグッド病で運動は制限した方がいい?」について解説します。

オスグッド病で運動は制限した方がいい?

●【脚の筋肉を使いすぎ?】
オスグット病で膝関節痛が起こっている場合、やはり運動は制限をした方がいいと考えています。

オスグット病は膝関節をはじめ、成長期の子供が脚の筋肉を使いすぎることによって、起こる痛みということが分かってきていて、これは一般的にいう成長痛とは異なるメカニズムで起こっている痛みであることが分かっています。

●【なぜ制限する方がいい?】
制限するというのも、体が痛むということは、何かしらのサインを発している証拠です。
それも体の痛みが出る部位が根本的な原因ではなく、別の部分にあるから、ちょっと厄介なのです。
痛む部位に根本的なオスグッドの原因があれば、そこを揉みほぐすなど行えば、楽になりますが、別の部位に原因があるので、みんな困っているのです。

ですので、専門的な知識を持った整体院などで、原因となっている筋肉をしっかりと緩めるということが重要になってきます。
その間は、体を休めておかないと、痛みは緩和んすることなく激しくなっていくだけです。
当整体院では、施術中にクラブ活動を休ませるようなことはしません。
激しく痛む場合は、運動できないと思いますので休むと思いますが、なるべく休まないで楽にできる施術を行っていきますので、ご安心ください。

●【アイシングは効果的か?】
そのため、痛みが起こった場合にはアイシングなどをすることで一時的に痛みは治まりますが、すぐにまた運動をすると痛みは再発し、悪化してしまいます。
しかし、運動制限を行い、膝関節を安静に保つことによって痛みが長引かず、1週間程度で完治することもあります。

この運動の制限というのは、脚の運動以外もできるだけ行わないようにした方がいいと考えています。
筋肉の緊張をほどき、まずは弛緩させることがオスグット病の痛みを抑えることでとても大切になってきます。

オスグット病の原因は骨格の歪みなども影響をしているため、脚以外の筋肉トレーニングなどを行ってさらに筋肉のバランスを歪めてしまったり、骨格を歪めてしまうことがないようにしましょう。

オスグッドの施術を受けたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

オスグッド施術

オスグッドのお悩みで当院に来られた、13歳男の子の事例です。

この方は、福岡市南区柳河内にお住いの中学生の方で「家から近かったから。中学生になり陸上部で9月から整形外科と整骨院に行っているが、治らない。インターネットのホームページで調べたら治りそうだったし比較的近かったので、行こうと決めた。」という理由で来られました。

骨盤の後傾により体のバランスも大きく崩れていて、肘痛だけでなくオスグッド痛でも悩まれていました。
施術では、しっかりと筋肉を弛めて解してあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅での改善体操を実践していただき、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

オスグッド病でお困りの方は、こちらの『オスグッド病をかばって膝痛になった野球少年の改善事例』など参考にしてみてください。
あなたも、この施術をお試しになってオスグッド施術を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【オスグッドの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『オスグッドの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【オスグッド病で運動は制限した方がいい?】
オスグッドに関しては、筋肉の緊張をほどき、まずは弛緩させることがオスグット病の痛みを抑えることでとても大切。

福岡らくらく整体院 高松です

オスグッドの痛みは、クラブ活動を頑張る小学生や中学生の男の子に多い症状です。
これは、特にハードな練習する強豪チームに多いと感じています。
やはりスポーツ向上は強化と休息のバランスです。
スポーツ向上のため科学的なトレーニングなどが増えてきましたが、急速に関してはまだまだ向上が必要だと考えています。
多いのが筋肉を揉むマッサージを中心にしている選手などは、一度考え直して欲しいと思います。
筋肉を揉みすぎると筋肉組織を痛めてしまうことになりますので、回復までに時間もかかります。
揉まない整体というのも一度試してみるといいと思います。


hukuoka01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
案内(小) お電話受付小