お客様インタビュー

足先の痺れについての疑問

こんにちは、福岡市南区大橋の整体
「福岡らくらく整体院」の高松です。

今日は、「足先の痺れについての疑問」について解説します。

●【工場勤務の人に多い症状:足先の痺れ】
工場勤務のライン作業などで、同じ姿勢で長時間仕事をしていると、下半身の神経を圧迫することで足先の痺れ等があらわれることがあります。
これらは同時に腰の問題を併発する場合が多く、放置していると酷い症状になる可能性があります。

また、症状がひどくなると椎間板ヘルニア・坐骨神経痛といった疾患になってしまうこともあり、 長期間の休業をよぎなくされることになります。
ただ、工場勤務をはじめたばっかりという方に限っては筋肉痛の延長線上で足先の痺れがあらわれることがありますので、 その点には注意が必要といえます。

●【足先の痺れについての疑問】
工場勤務による足先の痺れが出ていて、一体何なんだろう?と疑問に思っている方も多いと思います。

一般的に正座等で足が痺れる場合には全体が痺れることが多いのですが、 工場勤務をしていて足の痺れを感じる場合には足先に痺れが集中することが特徴です。
同様の症状があらわれる病気として糖尿病による末梢神経の障害がありますが、 これは糖尿病によるものなので工場勤務と直接何の関係もありません。
考えられるとすれば、腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの症状が疑われます。

●【足先の痺れが出たら、どうする?】
そして、工場勤務に多い足先の痺れというものは、 同一姿勢を長時間続けることによって腰から下の神経を圧迫してしまうことで発生することが多く、 これには注意が必要で症状が悪くなる前にきちんと病院にいって診察をしてもらうことが必要です。

この神経の圧迫は直接痛みが発生するということが少なく、気にせず仕事をしてしまうという!工場勤務者が多いのですが、酷くなると腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってしまったり、 突発的な腰痛や関節痛(かんせつつう)が発生しやすくなってしまいます。

工場で働く方は足先の痺れだけだから問題ないと判断せずに、きちんと初期症状のうちに治療することをこころがけてください。

坐骨神経痛の施術を受けたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例

オスグッド施術

坐骨神経痛のお悩みで当院に来られた、30代女性の事例です。

この方は、福岡市南区塩原にお住いの会社員の方で「体験者の方の感想を読んで、安心してお願いできそうと思ったこと。以前から腰がたまに痛かったが8月終わりくらいから寝返りや座っていて、お尻から足にかけてしびれて痛みも強くなってきた。整形外科に行ったけど効果を感じられる治療はないので、困っていた。」という理由で来られました。

骨盤の後傾により体のバランスも大きく崩れていて、腰痛・猫背になっていました。
施術では、しっかりと筋肉を弛めて解してあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅での改善体操を実践していただき、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。

坐骨神経痛でお困りの方は、こちらの『脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の改善事例』など参考にしてみてください。
あなたも、この施術をお試しになってオスグッド施術を体験してみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(1分44秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●その他の体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【足先の痺れについての疑問】
腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの症状も疑われます。


福岡らくらく整体院 高松です

工場勤務というとある程度カラダに負担がかかるということは覚悟しなければなりませんが、 ストレッチや毎日のケアはきちんと行うようにこころがけてください。

なお、工場勤務以外の要因として有名なものは糖尿病による痺れが考えられ、この場合は 工場勤務とは直接的に何の関係もないことは知っておいてください。

ちなみに、ご紹介した筋肉痛によるものであった場合には、八風という足指の間の四箇所をマッサージすることで、ある程度解消させることができますので試してみてください。

工場に勤める方で、足が痺れるなどの症状で悩まされている方は、すぐに整形外科などで診断を受けた方が良いでしょう。
その後、痺れが改善できないのであれば、整体院や整骨院などの治療院で施術をオススメします。

工場勤務の方で、足が痺れる人がいらっしゃいましたが、なかなか病院へ行かずに我慢して、坐骨神経痛になっていた事例などもあります。
痛みや痺れは、体の異常のサインですので、見逃さずに早め早めの対応を行っていきましょう。


hukuoka01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
案内(小) お電話受付小