O脚|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

O脚|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > O脚

O脚

症状

両足の踵を付け、足の指先を少し広げて立った状態で、両膝の間やうちくるぶしの間が大きく離れている状態をいいます。

痛みはありませんが、膝関節の内側に負担がかかることより、将来的には、半月板損傷変形性膝関節症などの症状を招く可能性があります。

原因

遺伝的なものは少なく、生活習慣が大きく影響します。

日本人は、立った時に足裏に掛かる荷重は、外側(小指側)で後側(踵側)にずれている場合が多く、そのゆがみが上方向に伝わって、O脚のゆがみとなります。

改善方法

生活習慣に問題があるため、筋肉の緊張を緩めて、膝関節や足首を矯正するやり方では、一時的によくなったとしても再発します。

当院では、足の正しい使い方を指導し、再発も防止します。

予防方法

からだの重みは、足の指、その付け根、そして踵の3箇所で支えるようにします。

そのため、スリッパのように足の指先で突っ掛けるような履く物は避け、踵がしっかり固定され、足の指が自由に動く履き方をすることが大切です。

O脚施術詳細


<<ジャンパー膝<<   痛みの大百科へ戻る   >>前十字靭帯損傷>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional