頸椎椎間板ヘルニア|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

頸椎椎間板ヘルニア|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 首・肩 症状集 > 頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニア  

椎間板は、中央部の髄核とその回りを覆う線維輪でできています。

症状  

首・肩・腕の痛みやしびれ。
原因  
首の老化や外傷、スポーツ傷害などで、椎間板の線維輪が破けて、中のゼラチン状の柔らかい髄核が出てきて、神経を圧迫することが原因です。

確認方法  

スパーリングテスト  
頭を軽く後屈してもらってから、痛い側に側屈させる.
両手を頭頂部に置き、頭部に圧迫を加える。
徐々に強い圧迫を加えていき、症状が強くなった場合、神経が圧迫さている可能性があります。

触覚障害  

左右の触覚を比較します。
調べる場所は、上腕の外側(C5)、親指の甲側(C6)、中指の甲側または掌側(C7)、小指球(C8)です。

改善方法  

よほどひどければ手術となりますが、ほとんどの場合、施術により痛みやしびれは改善します。

また、病院でMRIでヘルニアが見つかったからと言って、必ずしもそれが痛みやしびれの原因とは限りません。
ヘルニアの場所と痛みやしびれが出ている場所が、神経学的に一致していることを必ず確認してください。
 

改善事例

脊柱管狭窄症で5分立つのも辛いしびれが改善した事例】

↑中心のボタンを押すと再生(7分56秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)
▼動画が見れない方・携帯電話の方はコチラをクリック
 

頚椎ヘルニアの具体的な改善事例は、こちらをクリックしてください。
↓   ↓   ↓
『強く揉むマッサージで悪化した頚椎ヘルニア改善事例』
を参考にしてみてください。

頸椎ヘルニア詳細

<<むち打ち<<   痛みの大百科へ戻る   >>頸椎後縦靭帯骨化症>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional