野球肩|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

野球肩|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 首・肩 症状集 > 野球肩

野球肩

投球動作やその類似動作によって引き起こされた滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、インピンジメント症候群などの肩の傷害の総称です。

症状

肩の違和感や痛み、腕が上げる時に激痛が伴う場合もあります。

原因

野球ややり投げなどのスローイング動作、バレーボールのスパイク動作、水泳のストローク動作などで、繰り返し同じ筋肉を酷使することによる疲労が主な原因です。

改善方法

疲労により、肩周辺の筋肉が緊張状態にあるので、運動を休む必要があります。

病院では、湿布や消炎鎮痛薬の使用、ステロイド関節注射、ヒアルロン酸関節注射などが行われます。

多くの場合、薬や注射をしなくても施術で症状は軽減します。



野球肩詳細



<<四十肩・五十肩へ<<   痛みの大百科へ戻る   >>肩関節脱臼へ>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional