足底筋膜炎踵骨棘|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

>足底筋膜炎踵骨棘|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > 足底筋膜炎踵骨棘

足底筋膜炎踵骨棘(そくていきんまくえんしょうこつきょく) 

症状  

歩いている時、長く立っている時などに足の裏、特に踵(かかと)に痛みがある。
職業上外歩きやたち仕事をしている人に多く見られます。
  

歩くとき足底筋膜は緊張状態に置かれています、この緊張状態が長く続くことで疲労が溜まります、疲労が度を越えると足底筋膜炎を起こすのです。
この筋膜炎の起こるところである踵骨底部には炎症が起こりやすく、時にそこが強く刺激を受け骨棘が形成されるのです。
対策は長時間の歩行や立ち仕事を出来るだけ制限することです。
そのほかにはテーピングを使ったり靴の中敷にパットを付けるなどの方法もあります。
 

足底筋膜炎の施術を受けたお客さまの声(アンケート)

普通に歩けるまで2ヶ月かかると思っていたので、

たった6回で、楽になるとは思いませんでした。


【10代:男性:福岡県筑紫野市那珂川町;小学生】※お母さん代筆

足底筋膜炎 感想

【Q1:施術前のお悩みは?】
歩行が困難なほど足裏が痛かったです。
 
【Q2:当整体院を選んだ理由は?】
インターネットのホームページで知り、通える距離だったので。
 
【Q3:当整体院の印象はいかがでしたか?】
とても親身に話を聞いて頂き、1回の施術でも姿勢の改善が見られたのでビックリしました。
 
【Q4:施術を受けてどのような変化がありましたか?】
普通に歩けるまで、2ヶ月はかかると思っていたので、こんなに早く改善できるとは思いませんでした。
体が柔らかくなり手足の冷えも良くなりました。
 
【Q5:施術に対しての印象は?】
優しい印象です。
施術が気持ち良いみたいでいつもウトウトしている感じでした。


【施術の結果】

整体先生

▶︎「痛む部位」
足の裏(土踏まずと踵の境目)※くるぶしの下辺り

▶︎「どのような経緯で来院されたか」
2015年6月後半、足の裏の痛みがひどくなり、普通通りに歩けない状態になる。
 
整形外科を受診すると「足底筋膜炎」という診断をされるも、治療法はなく「安静か湿布」での対応だった。
そのため、家の近くの整骨院に通ったが、痛みは全く改善する見込みもなく、インターネットで専門的に改善に導いてくれそうな治療院を探して福岡らくらく整体院を見つけた。
なんとか40日後に開催される小学校最後の運動会に参加したいという藁をもつかむ思いで来院されました。
 
【施術による体の変化】
2回目:お腹のカッチカッチだった筋肉が柔らかく変化
5回目:足裏の痛み10点→5点の半分に軽減された
7回目:足裏の痛み10点→4点。組体操の練習に参加できた
8回目:足裏の痛み10点→3点。朝起きた時の踏み出しの一歩目の痛みが改善
9回目:運動会の練習の100m競争を裸足で走ることができた
「痛みもなく、無事に運動会の全種目に参加」
 
【足底筋膜炎の3つ原因】
原因①:体感のバランスの悪さ(猫背で姿勢が悪い)
原因②:自律神経の過緊張(首周りの筋肉がものすごく硬い状態)
原因③:何度か捻挫した影響(捻挫でバランスをかばった影響)
 
【足底筋膜炎の主な5つの施術】
①:足裏の痛みだが、足裏は触らず体の全身の筋肉を緩める
②:特に膝から下の筋肉(脛・足首)のバランス調整
③:首周りの筋肉を緩めて、全身の緊張をリラックス
④:熱風呂に入って体を緊張させていたので、温風呂に変更
⑤:ヨガを取り入れたバランスと柔軟性を高める体操を家で実践

足底筋膜炎 姿勢

 

整体先生

小学校最後の運動会に出られるか?と頑張りました。
歩くのもキツかったのが、組体操や100m走にも出場できました。
最後の思い出が作れてよかったですね。
20キロの徒歩遠足、頑張ってくださいね。
 

ご注意




足底筋膜炎踵骨棘



<<へーベルデン結節<<   痛みの大百科へ戻る   >>下腿三頭筋(腱)皮下断裂>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional