花粉症とは|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

花粉症とは

HOME > 整体メニュー - 花粉症 > 花粉症Q&A > 花粉症とは

花粉症とは

花粉症とは花粉が目や鼻に入り、目のかゆみ・目の充血・目ヤニ・涙・鼻水などの症状が出る病気のことをいいます。
花粉症という病気を根本的に治すためには、原因物質である花粉を飛散する植物をすべて伐採するか、自分の体の体質を変えることです。
しかし植物をすべて伐採することも、自分の体質を変えるというのも現実的ではありません。
花粉症は上手に付き合っていかないといけない病気と言ってもいいでしょう。
 
 

目の花粉症とは
目の花粉症のことをアレルギー性結膜炎と言います。アレルギー性結膜炎には2種類あります。
春や秋に反応する季節性アレルギー性結膜炎と、1年中症状の出る通年制アレルギー性結膜炎です。
どちらのアレルギー性結膜炎も症状は同じで、目の痒み、目ヤニ、涙などの症状です。

 
 
 
花粉症の症状
花粉症の症状としてくしゃみが立て続けに発生する、鼻づまり、水のように流れてくる鼻水などがあります。
この症状は人によって違いますがひどい場合は喘息のように苦しい呼吸をする方もいます。
しかしこの症状は人間の防御システムの一部なんです、新たにアレルギー反応を起こす花粉を体内に侵入させないようにしているのです。人によってはこのアレルギー反応を起こさない人もいます。

 
 
 いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、花粉症の治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。

 

花粉症治療へ

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional