腰椎椎間板ヘルニア|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

腰椎椎間板ヘルニア|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 腰・おしり 症状集 > 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア  

椎間板は、中央部の髄核とその回りを覆う線維輪でできています。

症状  

腰の痛み。
足にしびれや痛みが出る場合もある。

原因  

腰に負担をかけるなどして、椎間板の線維輪が破けて、中のゼラチン状の柔らかい髄核が出てきて、神経を圧迫することが原因です。

確認方法  

  • 触覚障害  
    • 椎間板ヘルニアの場合、高い確率で足背部に触覚障害を起こします。
      左右の足の背部を触覚を比較します。
      その部分の知覚支配は、足背部(主に指)、足背外側部、足背内側部に別れていて、それぞれ、L5、S1、L4の支配領域となります。
  • SLR(下肢伸展挙上)テスト  
    • まず、仰向けに寝た状態で、膝を曲げて持ち上げ、大腿がお腹に着くまで曲げられるか確認します。
      曲げられれば、股関節疾患から来るものではないと確認できます。
      次に、膝を伸ばした状態で、足を持ち上げていき、痛みやしびれが強くなるか確認します。
      70度以上持ち上げても、痛みやしびれが強くならなければ、陰性です。
      そうでなければ、90%以上の確率で陽性です。

改善方法  

よほどひどければ手術となりますが、ほとんどの場合、施術により痛みやしびれは改善します。

また、病院でMRIでヘルニアが見つかったからと言って、必ずしもそれが痛みやしびれの原因とは限りません。
ヘルニアの場所と痛みやしびれが出ている場所が、神経学的に一致していることを必ず確認してください。
 

改善事例

【痛み止めに1年頼っていた腰椎椎間板ヘルニアの改善事例】

↑中心のボタンを押すと再生(9分03秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)
▼動画が見れない方・携帯電話の方はコチラをクリック
 

腰椎椎間板ヘルニアの具体的な改善事例は、こちらをクリックしてください。
↓   ↓   ↓
『痛み止めに1年頼っていた腰椎椎間板ヘルニアの改善事例』
を参考にしてみてください。

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional