肩峰下インピンジメント症候群|大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

肩峰下インピンジメント症候群|大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 首・肩 症状集 > 肩峰下インピンジメント症候群

肩峰下インピンジメント症候群  

症状  

腕を横に上げていき、60〜120度の範囲で痛みがある。

原因  

三角筋と棘上筋がバランスとりながら、腕を上げる動作が行われます。
腕を繰り返して上げる、水泳、バレー、野球などのスポーツで、使い過ぎると、三角筋と棘上筋が異常収縮を起こします。
すると、三角筋と棘上筋のバランス崩れ、棘上筋が弱くなると、三角筋によって上腕骨が上にずれて、腱板が挟まれて、痛みが起きます。

改善方法  

腱板が完全断裂した場合は、手術することになりますので、軽いうちに施術を受けることをお勧めします。

施術では、三角筋と棘上筋を緩めていきます。

肩峰下インピンジメント症候群詳細


<<腱板損傷(腱板断裂)へ<<   痛みの大百科へ戻る   >>棘下筋・小円筋炎へ>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional