痛みの大百科|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

痛みの大百科

HOME > 痛みの大百科事典

痛みの大百科辞典】福岡らくらく整体院

ベッド

まえがき

痛みは、身体からのメッセージです。

いろいろな理由をつけて無視していませんか?
「仕事が忙しくて時間がない」
「お金がもったいない」
「きっとそのうち治るから」
など。

でも異常があるから痛みがあるのです。
運動した翌日以降の筋肉痛など、原因がはっきりしている一時的な痛みは心配いりません。
しかし慢性的な痛みを無視しようとしていませんか?

痛みは身体を守るための警戒システムです。
痛みによりいち早く異常に気付くことができるのです。

痛みが小さいうちならば簡単に治ったものが、ひどくなればひどくなるほどもとの状態に戻すためにより多くの時間とお金を費やします。

異常があるから痛みがあることを忘れないでください。

部位  

頭部・顔 症状集

首・肩 症状集

手・手首・肘・腕 症状集

背中・胸 

腰・おしり 症状集

足・膝 症状集

その他 症状集

予防  

ストレッチ  

身体のゆがみや痛みを予防するのに、ストレッチは最適です。

ストレッチのコツ

  • 大きく息を吐き続けながらやる
  • 反動をつけない
  • ゆっくり少しずつ伸ばす
  • 気持ちよいところ(痛くなる一歩手前まで)で止める
  • 20秒以上キープする

急激に伸ばすと脳が無意識に危険を感じて筋肉を収縮させてしまいます。

ストレッチは、痛む場所の下から行いましょう。
身体はつながっています。
たとえば、腰が痛ければ、太もも・おしり・腰の順番にそれぞれストレッチしていきます。

定期的な施術  

無意識のうちに入った身体の緊張は、自分では簡単には抜けません。
身体に緊張が入れば、筋肉に引っ張られ、骨格はゆがみます。

定期的に施術を受けて、正しい状態を繰り返し身体に学習させることによって、ゆがみにくく、緊張が解けた身体を維持することができます。

定期メンテナンスは、1ヶ月に1〜2回で構いません。

このページは愛知県豊川市 葵整体院 石田先生にご指導いただきました。ありがとうございます。

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional