特発性大腿骨頭壊死症|大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

特発性大腿骨頭壊死症|大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 腰・おしり 症状集 > 特発性大腿骨頭壊死症

特発性大腿骨頭壊死症  

症状  

長時間立ったままや歩いていると痛みを生じる事があります。しかしこの多くの場合は膝の痛みを訴える事が多く、股関節の病気を見逃す恐れがあるのです。両方足がこの病気にかかるとかなり厄介になります。

原因  

太ももの大腿骨の頭の部分の血液の流れが悪くなってしまい、その部分が壊死してしまうというものです。

この病気の「突発性」とは“原因が分からない”ということを意味しています。
原因が分からないとは言っていますがある状況下で起こることは分かっています。突発性大腿骨頭壊死症に悩んでいる多くの方は、長年にわたる大量の飲酒か副腎皮質ステロイドホルモンの大量使用しているということがわかりました。
中には本当に原因が分からないという人もいます。
この病気にかかりやすい人の特徴は、男性が多く、40歳前後の強壮な人。

治療方法

症状の状態によりいろいろありますが、手術になる場合、患者さんが若い場合は自分自身の骨を使っての方法。しかしかなり進行している場合には人工骨頭や人工股関節を使うことがあります。



<<尾骨痛(尾てい骨痛)<<  痛みの大百科へ戻る  >>変形性脊椎症>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional