変形性股関節症|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

変形性股関節症|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > 変形性股関節症

変形性股関節症  

症状  

股関節に痛みが出るとは限らず、臀部、大腿、膝上などに痛みが出る場合もある。

原因  

股関節の軟骨がすり減って、股関節の隙間がなくなることが原因と言われています。

改善方法  

病院においては、症状が軽ければ、体重を落としたり、筋肉を強化したり、注射をしたりといったことをしますが、症状が重くなると人工関節に取り替える手術を行います。
人工関節の手術をしても、10年おきに手術を繰り返す必要があります。
また、人工関節の手術を行っても、痛みが解消されない方もいます。

手術前、手術後を問わず、自然形体療法で痛みがなくなるケースが数多くあります。
それは、変形性股関節症という診断がされても、必ずしも、それが原因で痛みが出ているとは限らないことを意味しています。
そのため、手術前に施術して、それでも痛みが解消しない場合に、手術をされることをお勧めします。

変形性股関節症施術詳細


<<大腿四頭筋炎<<   痛みの大百科へ戻る   >>変形性膝関節症>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional