内反小趾|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

内反小趾|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > 内反小趾

内反小趾

症状

足の小指の先が親指側に曲がり、小指の付け根が出っ張り、痛みを伴う。

原因

一般的には、先の細いハイヒールを履くことによって、足の小指が親指側に曲り、付け根が亜脱臼していることが原因とされています。

しかしながら、ハイヒールを履くのをやめても症状は進行していくだけでなく、ハイヒールを履かない方にも内反小趾が存在するため、理論的に誤っていると考えます。

足の誤った使い方により、足の横アーチが崩れて足が広がり、そのため、小指に付いた腱によって小指の先が引っ張られ、親指側に曲がると考えています。

改善方法

足の裏の横アーチが崩れ、小指に付いた腱に引っ張られ、足の小指が内反しているわけですので、施術によって、足部のアーチを改善させることが大切です。
横アーチが崩れる原因は、足の使い方に問題があり、長い期間を経て、内反小趾になっているため、改善には時間を要します。

生活習慣に問題があるため、足の形だけを矯正するやり方では、内反小趾が再発します。
当院では、足の正しい使い方を指導し、再発も防止します。

予防方法

スリッパのように足の指先で突っ掛けるような履く物は避け、踵がしっかり固定され、足の指が自由に動く履き方をすることが大切です。
また、パンストや袋状の靴下も、帰宅したらすぐ脱ぐようにしてください。

内反小趾施術詳細


<<外反母趾<<   痛みの大百科へ戻る   >>へーベルデン結節>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional