便秘症|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

便秘症|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 - 便秘症

便秘症

以下のいずれかの場合、便秘と判断されます。

   * 週に3回以下の排便、あるいは3日以上排便がない場合。
   * 排便に苦痛を伴い、排便が困難な場合。
   * 一回の排便量が少なく、残便感がある場合。

症状

排便回数が少ない、残便感やそのために排便回数が逆に多い、硬い便、腹痛、腹部膨満感、嘔吐、食欲不振など。

原因

原因は、人によりさまざまです。

   * 食事の量が少なかったり、運動不足により、結腸の蠕動が少ない。
   * 食物繊維の摂取不足により、便が硬くなりやすい。
   * 服用している薬の副作用。
   * 精神的なストレス。
   * 便意を繰り返し我慢にすることにより、便意が抑制されてしまう。
   * 腸の疾患

改善方法

原因によって方法は異なりますが、一般的には、以下の通りです。

   * 決まった時間に、排便できなくてもトイレに行き、排便のリズムを取り戻すこと。
   * 食物繊維を多く摂るように食生活を改善する。

症状によっては、下剤の処方や浣腸などが行われることがありますが、この使用が習慣化すると逆に症状を悪化させるので、あまりお勧めできません。

便秘は、下腹部の緊張が強い方や本人に自覚がなくても精神的なストレスを抱えている方が多く、まずは施術で対応することをお勧めします。

注意事項

重大な腸の疾患が隠れている場合もあるので、症状は重い場合は、病院で診察を受けてください。

→整体治療の流れ

痛みの大百科へ戻る

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional