代表的な花粉|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

代表的な花粉

HOME > 整体メニュー - 花粉症 > 花粉症Q&A > 代表的な花粉

代表的な花粉

花粉症といえばスギ花粉が代表的な花粉ですが、時期によってはスギ花粉ではないこともあります。

2月から4月にかけてはスギ花粉の飛散量がとても多く、この頃に花粉症を発症される人が多くなります。

スギ花粉の飛散時期が終わると、ヒノキ花粉が飛散しています。

ヒノキ花粉の飛散時期は3月から5月くらいまでです。

スギ花粉の飛散時期が終わっても鼻水、くしゃみなどのアレルギー反応が治らない人はスギ花粉症も発症している可能性がありす。

5月から11月前半にかけてはイチョウやヨモギ、ブタクサカナムグラなどの花粉も飛散しているため、自分がどの花粉に反応しているのかを知る事が大切です。
 
 
 
 
いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、花粉症の治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。

 

花粉症治療へ

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional