下肢静脈瘤|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

下肢静脈瘤|お悩みなら大橋で人気の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤  

症状  

足がだるい。こむらがえりが多い。
ふくらはぎの血管がボコボコと浮き出る。
立ち仕事をしている女性に多い。

原因  

主に皮膚表面近くを通る表在静脈において、血液の逆流を防ぐ弁が正常に動作しないために、足の下の方に血液がよどんでしまうことにより、足の表面がボコボコと盛り上がってくるといわれています。
特に、足の筋肉をあまり使わない棒立ちの状態で立っていると静脈に負担がかかり、なりやすくなります。

改善方法  

病院では、弾性ストッキングで圧迫する方法や硬化剤を静脈に注射する治療、静脈を抜き取る手術やレーザーで静脈を焼いてしまう手術などが行われます。
いずれの場合でも再発の可能性があります。

血管の弁が完全に壊れていない限り、自然形体療法の施術で、十分改善します。

予防方法  

足の筋肉を使うことにより、腓腹筋がポンプの働きをしサポートします。
つまり、棒立ちではなく、歩くことです。

下肢静脈瘤施術詳細


<<シンスプリント<<   痛みの大百科へ戻る   >>アキレス腱炎>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional