シーバー病|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

シーバー病|大橋で人気№1の「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 足・膝 症状集 > シーバー病

シーバー病(踵骨骨端症)

症状

シーバー病(踵骨骨端症)の症状】
成長期の子供がスポーツ中に発生する軟骨障害は「骨端症」という総称で呼ばれています。
シーバー病は「踵骨骨端症」とも呼ばれ、この骨端症の一種で主にかかと周辺の軟骨に起こる障害です。かかとに起こる成長痛です。

成長段階の子供には成長軟骨と呼ばれる骨があります。
シーバー病などの骨端症は、この成長軟骨層が筋肉の収縮力に絶えきれず、引き剥がされてしまうことで発症します。

主な症状は痛みと腫れですが、運動量を調節することで症状の緩和がはかれます。
ただし、症状を悪化させると骨の変形が起こることもあるため、注意が必要です。
 

原因

成長期の子供には成長軟骨、骨幹部、靭帯・腱をつなぐ骨端核からなる軟骨の層があります。
骨端症はこの軟骨層の一部が筋肉の張力に耐え切れず、はがれてしまったり圧迫されることで起こります。

シーバー病の場合には、足底腱膜やアキレス腱の張力が強まることで軟骨が圧迫され続けることが原因となります。シーバー病の主な症状は、かかと周辺の痛みです。

骨だけでなく筋肉にも痛みを感じることがあります。痛みは運動時に強くなり、運動を休むと和らぐ特徴があります。

踵に痛みが出ますが、原因はもっと深部にあります。シーバー病を発症する子は必ず姿勢の乱れがあり、ひどい猫背で体感部分のバランスが崩れています。体幹部分のバランスの乱れが末端部分にまで影響し、踵に痛みが出ています。

ですので、体幹のバランスの調整をしっかりしておかないと、本当の原因が解決されないので、再発する危険性があります。
 

改善方法

運動を続けることで骨の変形が起こる危険があるため、痛みが治まるまでなるべく運動は中止し安静にすることが望ましいです。

痛みが強く引かない場合には、テーピングの固定や、靴底に入れる衝撃パットを使用することもあります。また、衝撃を和らげる靴に変更するのも有効です。

シーバー病は筋肉の柔軟性が少ないことで起こる障害です。 一般的にはふくらはぎ周辺のストレッチを指導しますが、これだけでは不足だと考えます。

前述のように体幹バランスの調整をしっかり行いながら、ふくらはぎや足首、足底の調整を行います。こうすることで再発を防ぐことができます。

オスグット病と同じく成長痛だと思って放置しておくと、慢性化して回復が遅れるので、早期治療早期改善が理想です。
 

シーバー病(踵骨骨端症)の施術を受けたお客さまの感想


優しく触れているだけのような印象でも、

痛みが楽になっているのが驚きです。


福岡市 シーバー病1

Q1:施術前のお悩みは?
膝、踵の痛みで、子どもの好きなサッカーも思いっきりできず、日常生活でも階段の上り下りも大変そうでした。

Q2:当院を選んだ理由は?
同じチームの子どもが行ったことがあって、評判を聞いていたことと、インターネットの内容を見て選びました。

Q3:当整体院の印象は?
とても良かったです。

Q4:施術を受けてどんな変化がありましたか?
踵痛は、1年以上痛がっていましたが、3〜4月の通院で痛みがなくなったようです。
膝痛も正坐ができるようになり、痛みも少なくなってきているようで、日常生活では痛そうな感じはなくなりました。

Q5:施術に対しての印象は?
優しく触れているだけのような印象ですが、痛みが楽になって行っているのが驚きです。


【福岡県小郡市:10代:男性:小学生】

ご注意


<<下腿三頭筋(腱)皮下断裂<<   痛みの大百科へ戻る   >>アトピー性皮膚炎>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional