くも膜下出血|大橋で人気の優しい整体「福岡らくらく整体院」

くも膜下出血|大橋で人気の優しい整体「福岡らくらく整体院」

HOME > 痛みの大百科 > 頭部・顔 症状集 > くも膜下出血

くも膜下出血

クモ膜下出血(蜘蛛膜下出血・くも膜下出血・クモまくかしゅっけつ・SAH)は、脳を覆っているくも膜と軟膜の間の動脈瘤が破れ、膜と膜の間にあふれた血液が脳全体を圧迫する病気です。

症状

突然の激しい頭痛、嘔吐。

発症して命を落とすこともあり、命が助かったとしても、多くの場合、身体の麻痺や言語障害など、後遺症が残ります。

脳卒中の中で、脳梗塞、脳出血の次に多いのがくも膜下出血です。

原因

外傷による場合もありますが、大半は、動脈瘤(動脈の一部が膨らんだ状態)の破裂によります。
動脈瘤の破裂は、元々、動脈瘤を持っていて、血圧の上昇により、起こります。

改善方法

病院での救急治療となります。

再発防止のためには、食生活、生活習慣などに気を付け、高血圧に注意します。

発症時、身体を守るために身体に力が強く入り、それが後遺症として、そのまま、強い力が入ったまま抜けなくなります。

繰り返し施術することにより、徐々に身体の力が抜けるようになり、動きが回復していきます。

注意事項

入院生活で筋力が低下するため、リハビリは必要ですが激痛を伴うやり方は、余計に身体に力が入ってしまって逆効果です。

また、麻痺を起している場合でも同じで、激痛を伴う場合、動かさまいと逆に力が入って回復を遅らせます。
あせらずゆっくり、安全な動きであることを繰り返し身体に教えることが大切です。

くも膜下出血治療詳細

<<脳出血(脳溢血)<<   痛みの大百科へ戻る   >>頭部・顔 症状集>>

当院の情報
当院までの地図へ移動
連絡先

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional